おしゃれにアイスコーヒーを淹れるポイントとは?

私は冬でも夏でもアイスコーヒーを飲むのが大好きです。

以前カフェで働いていた事があり、その経験から今回は、ドリップコーヒーでアイスコーヒーを美味しく、しかもおしゃれに淹れる方法をお教えしたいと思います。

まずは深入りのコーヒー豆をご用意いただき(出来ればアイスコーヒー用が好ましい)、淹れる直前に豆を挽きます。挽く器具をお持ちでなければ挽いた豆でも良いのですが、やはり風味が多少落ちます。

コーヒーサーバー&ドリッパーを用意し、ペーパーフィルターに挽いた豆をセット。沸かしたお湯も用意します。お湯の量は通常のホットコーヒーの半分の量です。

まずはコーヒー豆の蒸らしですね。豆にまんべんなくお湯がいきわたるよう蒸らします。この時はお湯の淹れすぎは厳禁です!豆が湿るくらいの感じでOKです。

20秒程蒸らしたら、更にお湯を入れていきます。ここでまたお湯の量に注意!ホットコーヒーの時はドリッパーに約3~4回に分けて淹れる方が多いと思いますが、回数はアイスコーヒーも同じです。ただお湯の量が半分なので、いつもの半量ずつ淹れていきます。このように少しづつ淹れる事により、濃いめのコーヒーになります。

淹れ終わったら氷5~6個をサーバーへ入れ、勢いよくかき混ぜ溶かすと美味しいアイスコーヒーの完成です。

最後にカクテル用のロンググラスの底にに液体のコーヒーフレッシュを注ぎ、さらに氷を静かに3~4個入れ、その上からゆっくりアイスコーヒーをそそぎます。アイスコーヒーとフレッシュが二層になり、見た目もおしゃれな美味しいアイスコーヒーの出来上がりです。

主婦なりのコーヒーのこだわり

コーヒーは、豆からひくのが一番おいしいと思います。淹れる直前に挽いたコーヒーの香りは最高です。

ひいた後のコーヒーの保存が大切です。空気を抜いて、出来るなら、小分けにして冷蔵庫保存が良いでしょう。

冷蔵庫は意外に湿気をとってくれます。コーヒーを入れる時は、コーヒーメーカーがあれば使用しますが、コーヒーメーカーがなければ、フィルターに飲む分を入れて、ゆっくり蒸すように白湯をいれていきます。コーヒー全体がむせても、ゆっくりゆっくり白湯をたしていきます。

朝飲む入れたてのコーヒーの臭いを嗅ぐだけで、朝の癒しのひと時となります。

手早いのはインスタントコーヒーですが、味と香りは落ちます。しかし、インスタントコーヒーでもより美味しい飲み方があります。

用意するのは割りばし1本です。

インスタントコーヒーをカップに入れたら、少しだけ白湯を注ぎます。少しの白湯とインスタントコーヒーを割りばしで混ぜます。早めに混ぜてください。

割りばしが重要のようです。少ない白湯で混ぜる事によって、普通のインスタントのコーヒーの味に、香りとコクが生まれて、豆からひいたコーヒーに近づきます。決して追い越すことはないのですが、インスタントとは思えない味になります。

是非試してみてください。