おしゃれにアイスコーヒーを淹れるポイントとは?

私は冬でも夏でもアイスコーヒーを飲むのが大好きです。

以前カフェで働いていた事があり、その経験から今回は、ドリップコーヒーでアイスコーヒーを美味しく、しかもおしゃれに淹れる方法をお教えしたいと思います。

まずは深入りのコーヒー豆をご用意いただき(出来ればアイスコーヒー用が好ましい)、淹れる直前に豆を挽きます。挽く器具をお持ちでなければ挽いた豆でも良いのですが、やはり風味が多少落ちます。

コーヒーサーバー&ドリッパーを用意し、ペーパーフィルターに挽いた豆をセット。沸かしたお湯も用意します。お湯の量は通常のホットコーヒーの半分の量です。

まずはコーヒー豆の蒸らしですね。豆にまんべんなくお湯がいきわたるよう蒸らします。この時はお湯の淹れすぎは厳禁です!豆が湿るくらいの感じでOKです。

20秒程蒸らしたら、更にお湯を入れていきます。ここでまたお湯の量に注意!ホットコーヒーの時はドリッパーに約3~4回に分けて淹れる方が多いと思いますが、回数はアイスコーヒーも同じです。ただお湯の量が半分なので、いつもの半量ずつ淹れていきます。このように少しづつ淹れる事により、濃いめのコーヒーになります。

淹れ終わったら氷5~6個をサーバーへ入れ、勢いよくかき混ぜ溶かすと美味しいアイスコーヒーの完成です。

最後にカクテル用のロンググラスの底にに液体のコーヒーフレッシュを注ぎ、さらに氷を静かに3~4個入れ、その上からゆっくりアイスコーヒーをそそぎます。アイスコーヒーとフレッシュが二層になり、見た目もおしゃれな美味しいアイスコーヒーの出来上がりです。

水出しアイスコーヒーが好き

ホットコーヒは大好きだけれど、アイスコーヒーは余り好きでないと言う方は意外と多いものです。アイスコーヒーは香りが少なく、雑味が多い事がこの原因ではないでしょうか。

暑い夏に、冷房の利いた部屋でホットコーヒーを飲むのも、ゆったりとして良いものですが、暑い外からカフェに入った時に、美味しいアイスコーヒーを楽しめればと思うものの、どうしてもアイスコーヒーは好きになれない方が居られるのです。

そんな方には水出しコーヒーがお勧めです。焙煎し、ミルで挽かれたコーヒーの層をぽとぽとと水滴を垂らし、専用の器具でコーヒーを抽出する方法です。この方法でコーヒーを抽出るには時間が掛かりますが、比較的雑味なくマイルドに抽出する事が出来るのです。

アイスコーヒは飲めないと言うコーヒー愛好家にも、水出しコーヒーならアイスでも飲めると言う方が結構居られます。水出しコーヒーを頂けるカフェや喫茶店を見つけ、飲んでみられる事をお勧めします。

もちろん、どんな豆を選定するか等にもよりますが、雑味が少なく、比較的丸みのある味で、一般的には飲みやすいはずです。抽出に時間が掛かるため、水出しコーヒーをアイスコーヒーとして提供している店は多くはありませんが、ぜひ一度賞味され、アイスコーヒー嫌いを払拭されればと思います。