おしゃれにアイスコーヒーを淹れるポイントとは?

私は冬でも夏でもアイスコーヒーを飲むのが大好きです。

以前カフェで働いていた事があり、その経験から今回は、ドリップコーヒーでアイスコーヒーを美味しく、しかもおしゃれに淹れる方法をお教えしたいと思います。

まずは深入りのコーヒー豆をご用意いただき(出来ればアイスコーヒー用が好ましい)、淹れる直前に豆を挽きます。挽く器具をお持ちでなければ挽いた豆でも良いのですが、やはり風味が多少落ちます。

コーヒーサーバー&ドリッパーを用意し、ペーパーフィルターに挽いた豆をセット。沸かしたお湯も用意します。お湯の量は通常のホットコーヒーの半分の量です。

まずはコーヒー豆の蒸らしですね。豆にまんべんなくお湯がいきわたるよう蒸らします。この時はお湯の淹れすぎは厳禁です!豆が湿るくらいの感じでOKです。

20秒程蒸らしたら、更にお湯を入れていきます。ここでまたお湯の量に注意!ホットコーヒーの時はドリッパーに約3~4回に分けて淹れる方が多いと思いますが、回数はアイスコーヒーも同じです。ただお湯の量が半分なので、いつもの半量ずつ淹れていきます。このように少しづつ淹れる事により、濃いめのコーヒーになります。

淹れ終わったら氷5~6個をサーバーへ入れ、勢いよくかき混ぜ溶かすと美味しいアイスコーヒーの完成です。

最後にカクテル用のロンググラスの底にに液体のコーヒーフレッシュを注ぎ、さらに氷を静かに3~4個入れ、その上からゆっくりアイスコーヒーをそそぎます。アイスコーヒーとフレッシュが二層になり、見た目もおしゃれな美味しいアイスコーヒーの出来上がりです。

主婦なりのコーヒーのこだわり

コーヒーは、豆からひくのが一番おいしいと思います。淹れる直前に挽いたコーヒーの香りは最高です。

ひいた後のコーヒーの保存が大切です。空気を抜いて、出来るなら、小分けにして冷蔵庫保存が良いでしょう。

冷蔵庫は意外に湿気をとってくれます。コーヒーを入れる時は、コーヒーメーカーがあれば使用しますが、コーヒーメーカーがなければ、フィルターに飲む分を入れて、ゆっくり蒸すように白湯をいれていきます。コーヒー全体がむせても、ゆっくりゆっくり白湯をたしていきます。

朝飲む入れたてのコーヒーの臭いを嗅ぐだけで、朝の癒しのひと時となります。

手早いのはインスタントコーヒーですが、味と香りは落ちます。しかし、インスタントコーヒーでもより美味しい飲み方があります。

用意するのは割りばし1本です。

インスタントコーヒーをカップに入れたら、少しだけ白湯を注ぎます。少しの白湯とインスタントコーヒーを割りばしで混ぜます。早めに混ぜてください。

割りばしが重要のようです。少ない白湯で混ぜる事によって、普通のインスタントのコーヒーの味に、香りとコクが生まれて、豆からひいたコーヒーに近づきます。決して追い越すことはないのですが、インスタントとは思えない味になります。

是非試してみてください。

コーヒーで偏頭痛が和らいだ体験

 

ナチュラリストで普段はカフェインを摂取しない友人が、どうしようもならない偏頭痛の時に部屋を暗くして温かいブラックコーヒーを飲むと偏頭痛が治ると教えてくれました。

え?ほんとに?とその時は思っていたのですが、ある日台風が近付いている時、気圧の変化でひどい偏頭痛がおきました。

痛み止めとかじゃなくてもっと体に負担のかからない方法で頭痛を和らげられないかな…?と考えてみて、友達からの情報を思い出しました。

早速部屋のカーテンを閉めて部屋を暗くして、コーヒーを淹れました。コーヒーのアロマが薄暗い部屋に漂います。

あれ?香りを嗅いだだけでもなんだか違う感じ…。

気持ちをゆったりとさせて、熱いコーヒーを冷ましながらゆっくりゆっくりとコーヒーを飲みます。

一気に飲み干すのではなく、合間合間でベッドに横たわってみたりもしました。そうしてコーヒーをマグカップ一杯飲み干した頃、私の偏頭痛は不思議と和らいでいました。信じられない話かもしれませんが、私の実体験です。

コーヒーを飲むのが好きな方や苦にならない方で、偏頭痛持ちの方や気圧の変化に弱い方に是非とも試してもらいたいです。

もし偏頭痛が和らがなくても、薄暗がりで美味しいコーヒーをいただくことは気分転換になります。

水出しアイスコーヒーが好き

ホットコーヒは大好きだけれど、アイスコーヒーは余り好きでないと言う方は意外と多いものです。アイスコーヒーは香りが少なく、雑味が多い事がこの原因ではないでしょうか。

暑い夏に、冷房の利いた部屋でホットコーヒーを飲むのも、ゆったりとして良いものですが、暑い外からカフェに入った時に、美味しいアイスコーヒーを楽しめればと思うものの、どうしてもアイスコーヒーは好きになれない方が居られるのです。

そんな方には水出しコーヒーがお勧めです。焙煎し、ミルで挽かれたコーヒーの層をぽとぽとと水滴を垂らし、専用の器具でコーヒーを抽出する方法です。この方法でコーヒーを抽出るには時間が掛かりますが、比較的雑味なくマイルドに抽出する事が出来るのです。

アイスコーヒは飲めないと言うコーヒー愛好家にも、水出しコーヒーならアイスでも飲めると言う方が結構居られます。水出しコーヒーを頂けるカフェや喫茶店を見つけ、飲んでみられる事をお勧めします。

もちろん、どんな豆を選定するか等にもよりますが、雑味が少なく、比較的丸みのある味で、一般的には飲みやすいはずです。抽出に時間が掛かるため、水出しコーヒーをアイスコーヒーとして提供している店は多くはありませんが、ぜひ一度賞味され、アイスコーヒー嫌いを払拭されればと思います。